1 本文へジャンプ



1.地質調査業務の実例(軟弱地盤上の構造物の建築および盛土)




















 
2.地質調査業務の実例(下水管φ2400の埋設管位置及び深度の確認調査)


        [1] 調査の方針と手法
   
     レイリー波探査と磁気探査で

     埋設管位置を把握する!!

                    
             [2] レイリー波探査

                    

測定システム
   
 (模式図)                            
測定システム

 (]現場写真)
                    
(測定模式図)

                    
          [3] レイリー波探査による

            埋設管の深度の解析.


埋設管がある場合の

解析図




(埋設管の位置)

埋設管がない場合の

解析図


(埋設管に近接
                    
するものの埋設

管ではないこと

を確認)
           [4] この地点を磁気探査

              のためのボーリン

              グ位置とした

             [5] 磁気探査を行う


                    
(磁気探査の概

念図)



ボーリング位置は

埋設管に1.5m以内に

隣接し,埋設管に触れないことが

条件である。


(.ボーリング孔と

磁気探査の図)


                    
            [6] 正確な成果を得た






(埋設管の平面位

置と深度の図)
 

<地質・土質調査>  株式会社技研基礎      Gikenkiso Corporation
<地盤解析・コンサルタント>  所在地 千葉県千葉市中央区末広5丁目8番6号   
 <土壌分析・水質分析>  TEL 043(266)6812  FAX 043(266)7577  E-mail geo@giken-kiso.co.jp        URL http://www.giken-kiso.co.jp